楽しむ科学教室

公益財団法人平成基礎科学財団主催
佐賀県・佐賀県教育委員会協賛
後援


日時: 2013年3月9日(土)13:00開始

会場: アバンセ第1研修室

 

司会進行                                                                   

                            公益財団法人平成基礎科学財団理事

                               東京大学・東北大学名誉教授 武田  暁

 

挨拶

                公益財団法人平成基礎科学財団理事長・東京大学特別栄誉教授 小柴 昌俊

 

                                                                                                              佐賀県知事 古川  康 

 

講演会次第

 

ヒッグス粒子に迫る」 〜最先端加速器LHCで探る宇宙創成の謎〜

                                                                                                                   浅井 祥仁

                                                                    

 

13:10−14:30                  1時間目

14:30−14:50                  休憩

14:50−16:10                  2時間目

16:10−16:40                  質疑応答

 

 

 

閉会 


*********************************************************************************************************************************
講演者紹介

浅井 祥仁 (あさい しょうじ)
東京大学大学院 理学系研究科 准教授

1969年 埼玉県生まれ

専門分野
素粒子実験

 エネルギーフロンティア加速器を用いたヒッグス粒子や超対称性粒子研究
      +
 小規模な非加速実験特に光を用いて素粒子研究

学歴
1990年 東京大学理学部物理学科卒業

1995年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 卒業 (理学(博士)
1995年 東京大学 素粒子物理国際研究センター 助手
      日本学術振興会 海外特別研究員
2003年   東京大学 素粒子物理国際研究センター 助教授
2007年 東京大学大学院 理学系研究科 准教授

著書
「ヒッグス粒子の謎」  (祥伝社新書)

講義概要
2012年7月4日に「ヒッグス粒子(と思われる)新粒子発見」のニュースが世界を駆け巡った。ヒッグス粒子発見の意味は、実は素粒子の質量の起源が解明されただけでなく、「宇宙」の誕生の解明につながる大きな一歩となるものです。本講演では、(1)ヒッグス粒子を含む最先端の素粒子像とLHC実験の解説(2)宇宙がどうして生まれて、どのようにして、現在の多様な姿になったか?を紐解き、素粒子物理学や宇宙研究の将来を展望します。